資格取得講座 » 数秘術マスター講座

数秘術マスター講座

イメージ:数秘術マスター講座

数秘術のはじまり

古代インド、エジプトなどで人々が宇宙・自然を観察する中で、数の概念が生まれます。文字が生まれる前は数が文字の代わりでした。言葉は数から文字で置き換えられるようになりますが、古代バビロニア(紀元前3000年)で数秘術が学問となり研究されます。

紀元前600年の哲学者・数学者・宗教家ピタゴラスは「万物の根源は数である。」と森羅万象・宇宙、自然界のすべては数に置き換えられると説きました。
“人は小宇宙。人の質、人生に起こることも数で表すことができる”という数の原理はユダヤ教の神秘学・帝王学であるカバラ“生命の木”に対応しているので、カバラ数秘術とも呼ばれています。タロットや占星術などのもこれが起源と言われています。

また、新約聖書ヨハネ伝に「はじめに言葉あり」とあります。『創性は神の言葉から始まった。言葉はすなわち神である。』つまり『言葉=数=神=森羅万象』を表しています。

数秘術を学ぶ・使う意図

数はそれぞれ異なるエネルギー(波動)を持っており、森羅万象は数で表わされます。自分にまつわる数を知ることで、自分をより知るすべとすること、本質や使命、人生の流れ、タイミングを知り、活かすすべとすることが数秘術の意図であります。

カリキュラム

レベル1 生年月日からあなたの本質を知る 10,000円
レベル2 人生の流れを知り、タイミングに乗る 10,000円
レベル3 名前から知る人生の目的と使命、実現すべきこと 10,000円
レベル4 相性 それぞれの個性を知りお互いを活かす方法 10,000円

ページの先頭に戻る